百ます計算のやり方|間違ったやり方で集中力も記録も伸びなかった

百ます計算,やり方,足し算,引き算,かけ算,割り算,間違ったやり方,

「悪い指導は子どもの能力を下げる」というマイナス効果があることです。百ます計算の意味を理解し、正しい方法で指導してあげてください。

(引用:陰山式 ぜったい成績が上がる学習法 はじめに より 太字強調はブログ著者によるもの

百ます計算のやり方が間違っていたことに気づいたのは、百ます計算をやり始めて1ヶ月半ほど経過した頃でした。

当時の我が子の記録は、足し算でも3分〜5分台。「本当にこのまま続けて記録が上がるのか」と疑心暗鬼になっていたんです。

それで、よくよく子供を観察してみると、百ます計算のやり方が違うことに気づきました。学校で百ます計算をやったことがなくて「やり方がわからなかった」みたいなんですね。

親の指導の仕方も違っているかも…と思い、百ます計算のやり方と指導する親の注意点を調べたものがこのブログです。

百ます計算のやり方|たし算・引き算・かけ算共通

左端から解く|交わった部分を計算する|タイムより正答率重視

百ます計算,やり方,足し算,引き算,かけ算

百ます計算は、四則演算全ての種類があります。

割り算以外のやり方は一緒。

  • 左端から解く
  • 文字が交わった部分を計算する
  • やり始めの頃はタイムを縮めるよりも正答率をあげることを意識する

百ます計算のやり方|割り算

100問ある割り算をひたすらに解いていく

百ます計算の割り算バージョンを百割計算と言います。

百ます計算,やり方,百割計算,割り算

百割計算は、こんな感じで割り算が100問あるので、それをひたすら解いていくもの。

100問あると大人でも5分切るのが難しいので、子供用の問題集でも30問くらいまでしかないことが多いです。

割り算の種類は、この3種類。

  • 割り切れる割り算
  • 割り切れない(あまりのある割り算)
  • 割り切れなくて繰り下がりのある割り算

割り切れなくて繰り下がりのある割り算が一番難しいです。

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

陰山 英男
540円(07/21 20:47時点)
発売日: 2002/12/14
Amazonの情報を掲載しています

陰山先生の著書で推奨されているやり方と注意点

百ます計算の取り組み方に関する5つの注意点

百ます計算の効果的な取り組み方に関する注意点として、陰山先生は著書「陰山式 ぜったい成績が上がる学習法」で、以下の項目をあげていらっしゃいます。

  1. 百ます計算の数字の並びを変えない
  2. 毎日、タイムを計り、記録し、評価する
  3. できる限り同じ時間に練習する
  4. 2週間は同じ問題で練習する
  5. 足し算、引き算、かけ算、それぞれ1分30秒以内を目標にする

(引用:陰山式 ぜったい成績が上がる学習法 はじめに より 太字強調はブログ著者によるもの

「同じ問題を何度も繰り返す計算演習に意味があるんだろうか?」という疑問には、ご自身の体験から、こう答えていらっしゃいます。

同じ問題を繰り返してたった2週間で2分以内にしても計算力の向上に同じような効果があることに気がついたのです。

(引用:陰山式 ぜったい成績が上がる学習法 はじめに より 太字強調はブログ著者によるもの

百ます計算を指導する側のやり方と注意点

百ます計算は、子どもたちに集中を促す練習です。タイムを上げることに全力で取り組ませないと、効果は出ません。

(引用:陰山式 ぜったい成績が上がる学習法 はじめに より 太字強調はブログ著者によるもの

百ます計算を指導する側は、子どもが百ます計算に集中するような環境を作らなければいけません。

陰山式 ぜったい成績が上がる学習法」では、指導するときの注意点として以下のことをあげています。

  • 気迫を込めて「用意、スタート!」と号令します。
    (集中を高めるために100メートル競争のスタートのときのようにいう)
  • タイムの進行を告知しながら、全力で取り組むよう促します。
    (「30秒経過」「1分経過」のような形)
  • 子どもが解き終わったら、「1分23秒!」と素早く大きな声でタイムを知らせます。

陰山式 ぜったい成績が上がる学習法 より。箇条書きに変更、太字強調はブログ著者による)

体験談|百ます計算の間違ったやり方をしていました

全体を見て「簡単にできるところ」からやっていた我が子

百ます計算のやり方がわからなかったんだもん」と、言っていたので、最初にやり方を教えなかった私が悪いのです…。

でも、我が子のやり方を見て愕然としました。

百ます計算,やり方,記録が伸びなやむ,間違ったやり方

0や1を足せばいい、楽な部分から先にやり「次に楽な部分はどこだろう?」と探しながらやった結果、記録が伸びなかった。

「どうやったら楽に終わらせられるかを考えた結果」こうなっているのは、「自分で考えて偉い」と、褒める部分かもしれませんが、そもそも百ます計算はそういうものじゃありません…。

何でこうなったかというと

  1. 親がタイムばかり気にして、子どもの様子を見ていなかった
  2. 百ます計算をやる意味を親子で理解していなかった

の2つに尽きます。

最初から、百ます計算をやることで何が得られるのかを親子で話し合ってやっていれば、こんなことにはならなかったでしょう。

子どもが間違ったやり方をやっているのに気づいたのが、百ます計算をやり始めて1ヶ月半も経過した頃だったので、その期間は無駄な時間を過ごさせていたことになるんです!

なんてもったいないことをさせていたんでしょう!(涙)

百ます計算を正しいやり方でやらせた結果

タイムが一気に下がる・自信につながる

百ます計算,記録改善

正しいやり方で百ます計算に取り組ませた結果が上のグラフです。

びっくりするほど下がってますよね!

  • 足し算:3分後半⇨3分前半
  • 引き算:4分台⇨3分台

これには本人もびっくりしたようで「うわ!こんなに上がった!」と、嬉しそうでした。

この喜び、最初から正しい方法でやらせていたら、もっと早く味あわせてあげれたのになぁ…。

百ます計算はやり方を間違えると効果なし

やるならやり方と意義を理解した上で取り組む

百ます計算のやり方を間違えて、1ヶ月半も無駄な時間を過ごさせてしまった失敗談でした。

「百ます計算なんて、ますに数字を書いて、時間を測って計算させればいいだけでしょ」

なんて思ってたんですが、大間違いです!

正しいやり方でやらせないと、効果は出ないし、勉強全体に対するモチベーションは下がるし、親もイライラするし、一切いいことありません(でした)

「うちでも百ます計算をやらせよう」と思っているなら、記事内でいくつか引用した陰山先生の「陰山式 ぜったい成績が上がる学習法」を読んでからやらせてください。

我が家のような失敗をしなくて済みますよ!

参考記事⇨「陰山式 ぜったい成績が上がる学習法を家庭学習のバイブルにしてよかった話

陰山式 ぜったい成績が上がる学習法

陰山式 ぜったい成績が上がる学習法

陰山英男
950円(07/21 18:46時点)
発売日: 2016/07/30
Amazonの情報を掲載しています

 

塾いらずの『陰山メソッドバイブル』!

聞きかじりの中途半端な陰山メソッドではなく、きちんとした理論と方法で陰山メソッドをするために、この本はぜったいに必要です…!!

どうか、この本を読んで正しい道順で子供を導いてほしい。
必ず、あなたと子供の人生が変わる衝撃を受けます!

購入はこちら⇨陰山式 ぜったい成績が上がる学習法

 

公式問題集はこちら⇨
<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」