未経験の主婦がWebライターになったブログのまとめ

2016年からクラウドソーシングを利用してWebライター(編集者)をしています。

最初の月収は3000円(時給0.22円)。月10万円を越えるのに半年以上かかったのを記憶しています。

SNSでは「開始3ヶ月で収入50万円です!」「初月で10万超えましたー!」なんて声も聞こえますが、私はそうはならなかったですね…。

今は、Web編集者としてコンスタントに月10万円弱稼いでいます。そうなるまでのお話などをまとめたのがこちらです。

Webライターになるには名乗ればいいだけ

クラウドソーシングに登録して文章でお金をもらえば立派なライター

「Webライターになるには、どうしたらいい?」と聞かれることがたまーにあるんですが、クラウドソーシングでも何でもWebに文章を書いて、対価としてお金をもらったらその時点でWebライターです。(ちょっと言い過ぎかしら…)

実際、私もそんな感じでした。

私の場合は、好きでWebライターになったわけではなくて色んな事情があって、自分の特技で稼げる手段の一つとしてWebライターがあり、たまたま稼げるようになったんです。

SNSの肩書きにWebライターってつけるようになったのは、月に5万円稼げるようになった頃だったので、クラウドソーシングサイトで活動し始めて3ヶ月くらい経ってからですね…。

Webライターになろうか悩んでる人におすすめの本

Webライターになろうかどうか悩んでるんですけど…という人におすすめなのがこの本。

在宅Webライターブームの火付け役(?)のなつみとさんが、Webライターとはなんぞや?の全てに答える本を出してます。

Webライターの仕事を疑似体験する本というイメージですね。
Webライターってどんな仕事?トラブルはどんなものがあるの?稼げるようになるにはどうすれば?ということがわかります。読んでみて「これならいけそう」「向いてないわ…」という判断ができるはず。

関連記事⇨Webライターの歩き方は全てこの本が教えてくれた|頑張ってるのに稼げない現役Webライターが稼げるようになるための強化書

Webライターになるために勉強して知識をつけるなら

オンライン講座・Webライターサロンと本での独学の併用がベター

「Webに文章を書いてお金をもらえばあなたもWebライター」と書いたけれど、私がWebライターを始めた頃の話なので今はそんなことも言ってられないのかも(汗)

実際、私のすぐ後にWebライターになった人(すぐに50万とか稼げるようになっていった人たち)の多くは、ライターサロンオンライン講座有料note書籍勉強してからWebライターになったようでした。

私の場合は、たまたま最初に出会ったクライアント(お仕事の依頼主)が、きっちりマニュアルを作ってる組織で、そのマニュアルが他でも通用したから、そういった所にお世話にならなくてもやっていけました。

でも、全ての人がそういうクライアントに当たるわけじゃないですし、今はマニュアルがあっても必要最低限で「ライターに独立されちゃ困るから、これ以上は見せれない」的なものが多い気がします(今、編集を任されているクライアントさんもそんな感じ)

なので、これからWebライターを目指すなら、必要最低限の勉強はしておいた方がいいです。

Webライターにおすすめの本

Webライターの勉強をしたい人には、この手の本を読んで勉強すると役に立ちます。

関連記事⇨沈黙のWEB〜シリーズは、SEOライティング&WEBマーケティングの入門書!

関連記事⇨結城浩先生の数学文章作法で文章の書き方のイロハを学ぶ。

Webライターにおすすめの講座とサロン

今の私が、Webライターになろうか悩んでる頃の私におすすめするとしたらこのサロンと講座をおすすめします。

なつみとさんのサロンは有料、Schooは生放送講座があれば無料です。

実際Webライターってどれくらい稼げるの?

月100万以上稼ぐ人もいるけど文章力以上に営業力・交渉力が必要

Webライターって楽に簡単に稼げると思われがちなんですが、最低賃金稼げるようになるにも苦労します(しました)

月に100万以上稼いでる人もいるし、一時的に稼ぐだけでなく稼ぎ続けてる人もいますが、文章力だけじゃなく営業力と交渉力が必要です。

楽には稼げない&会社員より辛い思いをすることも

私は、立ち回り方が下手だったのもあるし、押しに弱い(自分を安売りしがち)のでかなり苦労しました。一人ブラック企業状態になってしまったこともあるし、それがきっかけで十円はげを作ったり体調を崩してしまったことも…。

「会社員の方が楽だった…」
「会社にいけば給料がもらえるなんて、なんて幸せだったんだろう」
「今はいいけれど、来年の今頃は食い扶持に困っていたりしないだろうか」

後悔と不安が頭をぐるぐるして、眠れない夜も…。

Webライターとして月3万稼ぐまで3ヶ月以上

私がWebライターとして月3万円稼げるようになるまで3ヶ月かかりました。

当時の文字単価は0.5円〜0.7円。Welqなどの記事大量生産キュレーションサイト全盛期だったので、ライターは買い叩かれるのが常。文字単価1円といったら高級ライターでした。

いい単価の案件を見つけて提案しても全然受からず、単価の安い記事をひたすら書くだけで稼いだ月3万円。収入が上がるメドもなく、辛かったです。

もちろん、当時でも3ヶ月で30万以上稼いでるライターさんもいましたよ!
あくまでも私の場合です。

月5万から10万円稼ぐまで半年

月5万円から10万円稼ぐまでに半年かかりましたね。固定給で雇ってくれるところが見つかったので、一気に収入が増えたんです。

この固定給というのが罠でした…。

固定給なので、クライアントにしてみれば私に記事を書かせるほどに1記事あたりの単価が下がって節約になるんですね。

そうと気づかない私がアホだったんですが、クライアントに言われるがままに記事作成をしていたら、一人ブラック企業化してしまったんですね。
もちろん、固定給以外の案件に手を出す余裕はありません。

「うまい具合に立ち回らないと稼げるようにはならないんだな」というのを身をもって実感しました。

Webライターとして月20万稼ぐようになっても安定はせず

Webライターとして月20万以上稼げるようになったのは、もっとあと。

1文字あたりの単価が3円以上、ただの記事ではなく広告記事も書かせてもらえるようになってからでした。

ただ、20万円以上稼げるようになっても「安定・安心」はできなかったですね。多くのクライアントがアフィリエイターさんだったので、Googleの検索アルゴリズムの変更がきっかけで撤退してしまう人も多かったからです。

Webライターとして正社員・アルバイト・専属契約に

正社員になる前にアルバイト・請負で働いて様子をみて

Webライターになって10ヵ月ほどたったころに、完全在宅の正社員になりました。
今にして思えば大失敗だったんですがこれも経験のうち…?

お世話になった企業に文句をいうのもなんなので、詳細は伏せますが…。

クラウドソーシングで働いていると「正社員になりませんか」「アルバイトしませんか」「専属契約しませんか」というお誘いが来るようになります。

単価もいいし、お金の面だけみればいいお話なことが多いんですが、要注意です。

私のクライアントを見る目がないだけかもしれないですが、ブラッククライアントなことが多いんですよね…。

  • 専属契約にして逃げ道を無くし、無茶振りしてくる

こんなクライアント。ちゃんとしたクライアントは、専属契約になる前に3ヵ月くらい試用期間的に使ってくれます

関連記事⇨フリーのWebライターが正社員としてリモート勤務(完全在宅)採用されました

フリーのWebライターが正社員としてリモート勤務(完全在宅)採用されました
クラウドソーシングサイトを利用してWebライティングの仕事をしていたら「うちで正社員になりませんか?」というお話をもらいました。 いただいた条件はこちら。 ※正社員打診時の先方からの条件※ 給与:手取り25万(社会...

Webライターに向いている・稼げる人はこんな人

文章力はもちろん、営業力・交渉力のある人

Webライターに向いている人は、営業力・交渉力のある人
文章力もあるに越したことはないですが、小説のような文章をかける必要は一切なくて、文章で営業ができる人が稼げています

ある程度の金額、月に10万円くらいなら私程度でも稼げたのでそこまで営業力は必要ないのかも…。

Webライターで稼げない人はこんな人

稼げない人は、営業下手な人ですね…。あと、無茶振り断れない人。新しい知識を得る努力をしない人。

Webライターは、すぐになれるし楽に稼げるイメージがあるので、「会社員でうまくいかなかったら、Webライターにでもなればいいや」と思ってなるひともいますが…。

会社員でうまくいかない人は、だいたいWebライターでも(ゴホンゴホン

Webライターの案件(求人)・仕事を取る場所

クラウドソーシングか正社員・アルバイト求人サイトで探す

Webライターの案件(求人)仕事は、クラウドソーシングサイトで取ってきます。

代表的なのはここですね。

3つ登録してもいいですが、クラウドワークスとランサーズは稼いだ額によってランキングされる(上位にランクされた方が仕事をもらいやすくなる)ので、どちらか一方だけに力を入れた方が後々楽です。

アルバイト情報サイトは、Indeedさんなど全国展開してるサイトがいいです。
検索するときに地域を指定せず「ライター 在宅」とすれば、在宅ワークがヒットします。アルバイト検索したい場合は、「ライター」とだけ入力して地域指定すればOK。(首都圏が多め)

Webライターにおすすめのパソコン

Microsoftのオフィスとネットが動けばなんでもOK

  • 文章入力ツールがあるパソコン
  • インターネットに接続できる環境

この2つは、Webライターになるために必要です。

パソコンはノートパソコンでもデスクトップパソコンでもOK。ウィンドウズのオフィスソフトが動くなら、なんでもいいです。

オフィスが動かなくても、Googleドキュメントで代用できます。
でも、校正・校閲機能はオフィスに入っているワードが上。案件で「ワードが使える方」という指定がある場合もあるので、オフィスソフトが入っているパソコンがマストです。

こんな感じのがいいかなと。(私は、ノートパソコンはMacBookPro、デスクトップはNECのウィンドウズを使ってます)

なんでもいいとは言いましたが、あんまり安いパソコンはおすすめしないです。(10万円切るようなやつ)「オフィスだけ動けばいいや」で買うのはいいんですが、オフィス以外のソフトを動かす必要が出た時に詰みます。

手持ちのパソコンがオフィス付きじゃなくても、これをインストールしとけば使えるようになりますよ。

Webライターが使うツールはこんな感じ

Webライターが日常的に使うツールはこんな感じ。

最低でもこの辺がスムーズに動くパソコンじゃないと辛いです。

関連記事⇨WEBライティングに必要なツールたち。予めインストール推奨

Webライティングに必要なツールはこれ!最低限持っておきたいアプリたち
WEBライティングを始めてみたら、結構いろんなアプリやツールが必要だったんです。ライティングを始める前の自分に「無料で利用できるけど、こんなの使うよ」と教えるつもりで今まで使った道具をまとめてみましたよ。

Webライターにカメラは必要?

iPhoneのカメラで十分だけど一眼レフがあると楽しい

Webライターをしているとムクムクと湧いてくる「写真を自分で撮影して記事に挿入したい」欲。取材案件や旅行案件だとクライアントから「写真撮影もお願いできますよね?」と言われることも多いです。

  • 取材案件をメインに活躍したい
  • 旅行案件をメインに活躍したい

こんなライターさんなら、カメラはあった方がいいです。それも一眼レフなどのプロ仕様のやつ。

iPhoneのカメラでも、いいものは撮れます。(実際、スマホ撮影で記事を書いてる美容ライターさんもいます)でも、取材先で「それではお写真撮影させていただきますね」と言って、iPhone出すわけにいかないですよね…?

私は、たまたま一眼レフを持ってたのでそれを使ってます。
カメラ選びで悩んでいるならカメラオトメさんが参考になりますよ。

Webライターの最難関は確定申告(青色申告)かも

開業届の出し方や確定申告については先に勉強しとくのがよいです

Webライターになって一番苦労してるのが、確定申告。
Google検索すればいろんなブログが出てくるんですが、自分の状況にピタッと当てはまる情報ってないんですよね。

田舎の場合、税理士に相談しても「Webで仕事とか、よくわからないから相談料いらないので帰ってくれ」と言われることも(実話)

税金関係の基本知識は本で勉強して、仕訳などはオンラインの税理ソフトを使うのがベターかなと思います。

本だと、この辺りがメジャーなところ。

オンライン会計ソフトだと、この辺がメジャー。私は、やよいの青色申告オンラインを使ってます。前職で使ってたので見やすかったんですよね。

在宅Webライターだからこそ気をつけたい病気のこと

取材なし・座りっぱなしだから健康管理には気をつけたい

いわゆる炬燵ライターをしていると、運動量が極端に減ります…。通勤しなくていいなんてラッキーと思ってると思わぬ病気にかかるので要注意です。

関連記事⇨痔・体の歪み(と節々の痛み)対策に…

関連記事⇨雪国のWebライターは暖房代ケチるとしもやけになります

現在は、ヨガを日課にしているのと、アルインコのステッパーを使っているので病気してないです。

Web編集する側になってWebライターに思うこと

昔の自分にも言ってやりたい採用側のつぶやき

今は、Webライターで書くよりも編集者としてライターさんの記事を直すことが多いのですが…。

そういう立場になったからこそ「あの頃の私もそうだったけど、これはないよなぁ」というものが見えています。

そんな独り言も多少まとめていますので、何かの足しにしていただければ…。

関連記事⇨Webライター5000文字の壁。ライターに必要なものとは

関連記事⇨Webライターの提案文に「〆切は厳守します」は必要か。

スポンサーリンク
ライフハック

楽天マガジンで雑誌を定額読み放題に。2年使って感じたメリット・デメリット

仕事柄、雑誌の定期チェックは欠かせません。トレンドチェックや自分の勉強に役立つからです。 でも、「読みたい雑誌」「読むべき雑誌」「読んだ方がいい雑誌」の全てを買っていては、いくらお金があっても足りないので、雑誌チェックは読み放...
ライフハック

雑誌の定期購読に便利!Fujisan(ふじさん)を使ってみた(レビュー)

定額読み放題サービスにない雑誌の定期購読どうしてますか? 私は、雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jpを使って定期購読してます。 というのも、割引価格で定期購読ができてお得だからです! 定期購読中の...
仕事に役立つツール・本

60代からのブログアフィリエイトに亀山ルカさんの本が最適だと思う理由

「わっ。見やすい!これなら頑張れそうだよ( ´ ▽ ` )ありがとう!」 65歳の母に、ルカさん(@RUKAv2 )のアフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログをあげたときの反応はこう...
仕事に役立つツール・本

アフィリエイトの稼ぎ方!基本的なマインドは昔から変わらない!3行で儲かるアフィリエイトレビュー

図書館でたまたま見つけた「3行で儲かるアフィリエイト」。 図書館にあるということは、誰かがリクエストしたか寄贈したからあるんであって、「あ、アフィリエイトに興味のある(あった)仲間がいる」と、ちょっと嬉しくなったので借りてみた。 ...
未経験の主婦がWEBライターになったブログのまとめ

座椅子でダラダラ書き物すると「痔・体の歪み・しもやけ」になれます…スクワットチャレンジが対策におすすめだよ

こんにちは。こじっぺです。 突然ですが、私がライターになってから、姿勢の悪さが原因でなった病気はこちら! しもやけ 体の歪み(とそれに伴う腰痛・肩こり・顔の歪み・手の痺れ) 痔(外側と内側。合計3つ) ライ...
未経験の主婦がWEBライターになったブログのまとめ

フリーのWebライターが正社員としてリモート勤務(完全在宅)採用されました

クラウドソーシングサイトを利用してWebライティングの仕事をしていたら「うちで正社員になりませんか?」というお話をもらいました。 いただいた条件はこちら。 ※正社員打診時の先方からの条件※ 給与:手取り25万(社会...
仕事に役立つツール・本

Webライターのなり方・稼ぎ方は全てこの本が教えてくれた|頑張ってるのに稼げない現役Webライターが稼げるようになるための強化書

「あのとき、サロンに入っておけばよかったなぁ…」 ため息をつきながら、うっすら涙を浮かべてしまった。 『優柔不断でけちんぼ』な性格が、ここまで裏目に出ることも珍しい。 ーーーーーーーーーー こんにちは、センチメンタル...
仕事に役立つツール・本

マインドマップツールは、i-MIndMapよりもX-Mindがオススメだよ。

こんにちはー。こじっぺです。 マインドマップにはまりすぎて、裏が白くないチラシが入ってくると舌打ちをするようになりました…。 (下書きは、チラシ。清書はアプリ) マインドマップを始めるにあたって、トニーブザンの公式ガイドを...
未経験の主婦がWEBライターになったブログのまとめ

Webライターの提案文に「〆切は厳守します」は必要か。

ライターが案件に応募する際の「〆切厳守します」は、当たり前のことだから書かない方がいいって言われてますね。でも、書きようによってはかなり好印象ですよ!子育てや兼業ライターだからこそ書いてみてください!
未経験の主婦がWEBライターになったブログのまとめ

しもやけになりました…。ちゃぶ台+座布団+あぐら+北国ライターはお気をつけください…。

こんにちは、こじっぺです。 家が貧乏だったので、今で言うところの放置子な子供時代を過ごしました。 家の周りには似たような境遇の子供達がたくさんいて、群れては近所中に迷惑をかけまくったものです。 子供を産んで、バツイチになっ...
スポンサーリンク