【編み物ワードローブ】三國万里子さんの「ケーブルの指出し手袋」を編みました。

こんにちは、こじっぺです。

三國万里子さんの「編みものワードローブ」をヘビーローテションしております。

今度編んだのは、「ケーブルの指出し手袋」

三國万里子さんの本は中級〜上級

凝って見えるのに易しく編める

三國万里子さんの編みものワードローブは、中級から上級(の下)くらいのレベルの編み物本ですこのケーブルの指出し手袋も、別ばりをほぼほぼ使わないで編めてしまいます。(そういうテクニックも本に書いてあるのが三國万里子さんの本の素敵なところ)

ケーブルの指出し手袋について

両手編むのに1日くらい

この三國万里子さんのケーブルの指出し手袋は、編み始めから途中で1時間程度休みつつ編んで1日くらいかかります。片手に半日かかり、もう片方は肩こりと戦いながら半日くらい…。編み込み模様のミトンとあんまり変わらない感じですかね。

ケーブルの指出し手袋,三國万里子,編み物ワードローブ

ケーブルの指出し手袋のいいところ

いいところが盛り沢山なので毎年毎年編んでいるわけです。(かれこれ6つ目くらい)

  1. ケーブルがかわいい手首
  2. 手首の”しかけ”のおかげ動きやすい
  3. 下に薄手の手袋をはけてしまう
  4. 腕の深い部分まで包めて屋内で着用しても便利
  5. 指が出ているのでタッチパネルの操作が可能
  6. 色次第で老若男女着用可能
  7. ケーブルが編みやすい

大人しい色で編めば、職場のパソコン仕事でも使えるのが事務職には嬉しいです。

ケーブルの指出し手袋の難点1つ

便利なんですけど…。一つだけ難点があるとしたら…「カフスが長いので、セーターと併用するとコートを着るときに難儀するところ」です。そもそも私がデブなのかもしれませんが(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました